カルシウムの効果・効能・食品・レシピ

効果・効能

丈夫な歯や骨をつくり、筋肉と神経の働きを助ける

カルシウムは体重の約1%~2%を占める身体にもっとも多く存在するミネラルです。そのうち約99%は骨や歯などに存在しています。 骨の中では新しい骨をつくる骨形成と、古くなった骨を壊す骨吸収が繰り返し行われています。この骨の代謝に最も深く関与しています。 血液凝固や筋肉収縮、神経の興奮の抑制や、細胞内外の濃度を差を利用し、細胞の機能調節を行ったり、ナトリウムを排出して血圧上昇を防ぐ効果があります。

不足した場合

長期的に不足した場合、骨量が減少し、骨折や骨粗鬆症が起きる可能性が高まります。また、肩こりや腰痛が起こったり、イライラしたりといった神経過敏症になることがあります。

過剰摂取した場合

泌尿器系結石を起きる可能性が高まります。鉄や亜鉛マグネシウムなどの他のミネラルの吸収を妨げることも分かっています。
データ 
元素記号Ca
推奨摂取量男性:650mg
女性:650mg
不足した場合骨粗鬆症、肩こり、腰痛、神経過敏症など
上限摂取量男性:2,300mg
女性:2,300mg
過剰摂取した場合泌尿器系結石、ミルクアルカリ症候群、他のミネラルの吸収抑制などが起こる
多く含まれる食品桜えび、プロセスチーズ、しらす干し(半乾燥)、いかなご、あゆ(焼)、カマンベールチーズ、わかさぎ、いわしの丸干、いわしの油漬け、ししゃも、油揚げ、
パセリ、がんもどき、モロヘイヤ、サバの水煮缶、厚揚げ、
おすすめの料理レシピ桜えびのかき揚げ、アユの天ぷら、油揚げの味噌汁、しらすのペペロンチーノ