「ミネラルって何ですか?」が答えられる!

効果・効能

血糖値を調整するインスリンの働きをサポート

インスリンが体内で血糖値を下げる為には、GTFと呼ばれる因子と結合する必要があります。GTFを構成する役割を持つのがクロムになります。 コレステロール代謝やたんぱく代謝などを高める役割もあります。

不足した場合

不足してしまうとGTFが作られず、そのためインスリンが分泌されてもうまく働くことができないので、血糖値が上昇し糖尿病になる可能性が高まります。また、末梢神経障害や、体重の減少などの体調不良につながります。

過剰摂取した場合

体内への吸収率が非常に低い為、長期間にわたり大量に摂取しなければ、中毒症状の心配はありません。 長期間にわたって過剰摂取した場合、嘔吐、下痢、肝障害、造血障害などを引き起こす可能性があります。  
データ 
元素記号Cr
推奨摂取量男性:35μg
女性:25μg
不足した場合耐糖能異常を引き起こす
上限摂取量男性:40μg
女性:30μg
過剰摂取した場合長期間にわたる過剰摂取では、嘔吐、下痢、腹痛、腎尿細管障害、肝障害、
造血障害、中枢神経障害が起こる可能性があります。
多く含まれる食品あなご(生)、ウナギ(生)、あさり(生)、そば(生)、コーンフレーク、サトイモ、山芋、上白糖、油揚げ、たけのこ、
アーモンド(乾)、落花生(乾)、ひじき(干)、
おすすめの料理レシピアサリの酒蒸し、うな重、天ぷらそば、サトイモの煮っ転がし、ひじきの煮物
「話題の食品成分の科学情報:解説」

Related Post