「ミネラルって何ですか?」が答えられる!

全身に酸素を供給して免疫力を高める

鉄分の働き(効果・効能)

体内の鉄分の70%は赤血球中のヘモグロビンに含まれています。ヘモグロビンは、鉄分イオンを利用して体のすみずみまで酸素を運ぶ働きをしています。

鉄分の不足(欠乏症)

欠乏すると鉄欠乏症性貧血が起き、動悸、息切れ、食欲不振になります。免疫力も低下する為に、粘膜の炎症も起きます。ビタミンCは鉄の吸収を高め、リンは吸収を妨げます。 鉄分の摂り過ぎ(過剰摂取)

鉄分の補給

鉄が1回に吸収される量は決まっていますので、大量に摂取しても排出されるだけですので、1日3食食べてこまめに摂ることが必要です。    
データ 
元素記号Fe
推奨摂取量男性:7.5mg
女性:6.5mg(月経なし)
   10.5mg(月経あり)
不足した場合鉄欠乏性貧血(酸欠状態になり、息切れ、めまい等の貧血による症状)
上限摂取量男性:55mg
女性:40mg
過剰摂取した場合慢性アルコール中毒の人は鉄過剰症を起こす場合があります。
多く含まれる食品豚肉(レバー)、鶏肉(レバー)、レバーペースト、パセリ、はまぐりの佃煮、牛肉(センマイ)、豆味噌、卵黄、
ほや、あゆ(焼)、しじみ、鶏肉(ハツ)、あかがい、ウナギ(肝)、いわし(丸干)、北寄貝、かも、味噌、油揚げ
おすすめ料理レシピレバニラ炒め、ひじきの煮物、焼肉、しじみの味噌汁、ほうれん草と卵の炒め物

Related Post