マンガンの効果・効能・食品・レシピ

効果・効能

酵素の構成成分で性能力低下を防止

マンガンは糖質、脂質、たんぱく質の代謝に関わり、骨のもととなるコラーゲン合成に欠かせないミネラル成分です。糖尿病骨粗しょう症、月経前症候群の改善などにも期待されています。 ビタミンB群、マグネシウムなどと連携して筋肉疲労の原因である乳酸を分解する働きがあります。セレン同様に生殖機能の低下も防ぎます。

不足した場合

不足する心配はありません。動物実験で骨の成長障害、性機能、妊娠能力の低下が見られました。

過剰摂取した場合

普段の食事では過剰に摂取することはありません。仮に大量に身体内に入ると中毒症状を起こします。  
データ 
元素記号Mn
推奨摂取量男性:4.0mg
女性:3.5mg
不足した場合動物実験では、骨の成長障害、性機能の低下、妊娠能力の低下が見られた。
上限摂取量11mg
過剰摂取した場合大量に摂取した場合は、中毒症状を起こします。
多く含まれる食品生姜、葉しょうが、日本茶(玉露)、紫蘇、バジル、中国栗、パイナップル(缶詰)、しじみ、油揚げ、紫蘇の実、
モロヘイヤ、せり(茹)、がんもどき、みょうが、ヒヨコ豆(茹)、日本栗、パセリ、明日葉(生)
おすすめの料理レシピ