「ミネラルって何ですか?」が答えられる!

効果・効能

エネルギーの貯蔵など、細胞の生命活動に必須な栄養素

リンは体重の約1%を占めるカルシウムに次いで身体に多く存在するミネラルです。そのうち約85%はカルシウムマグネシウムと結合し、を形成しています。 残りの15%のほとんどは、タンパク質や脂質、糖質などと結合し、細胞膜のリン脂質としてDNA(デオキシリボ核酸)やRNA(リボ核酸)などの核酸の構成成分として、あらゆる細胞に存在し、人間の生命活動を支える重要な働きをしています。

不足した場合

普通の食生活では不足することはないと考えられています。不足した場合は、が脆くなるなどの症状が起きます。

過剰摂取した場合

過剰摂取により、血液中の濃度が上昇すると、リンとカルシウムの血中バランスが崩れ、血液中にカルシウムが放出される為に、骨のカルシウム量が減少します。また、腎機能が低下することが予測されます。
データ 
元素記号P
推奨摂取量男性:1,000mg
女性:900mg
不足した場合骨や歯が脆くなる。
上限摂取量男性:3,000mg
女性:3,000mg
過剰摂取した場合骨のカルシウム量の減少、腎機能低下
多く含まれる食品しらす干し(半乾燥)、プロセスチーズ、いわし(丸干)、卵黄、いくら、いかなご、筋子、金目鯛、しらす干し(微乾燥)、たらこ(焼)、
あゆ(焼)、キャビア、白子、うに、たらこ(生)、イワシ(油漬)、
おすすめの料理レシピ金目鯛の煮つけ、たらこ茶漬け、鮎の塩焼き、桜えびの天ぷら、ハム焼き

Related Post