硫黄の効果・効能・食品・レシピ

効果・効能

有害なミネラルの蓄積を防ぐなど、重要な働きをします

硫黄はタンパク質やアミノ酸の構成要素で、カルシウムリンに次いで身体に多く含まれる必須ミネラルです。「シスチン」というアミノ酸に含まれていて、毛髪、爪、皮膚、肝機能において重要な働きをしています。 代謝を活発にして毒素を取り除く働きがあり、体調を崩していたり、体力が低下している方に、微量を与えると回復しやすくなります。

不足した場合

日本人の通常の食事で不足することはまずありません。不足すると、皮膚炎、しみ、毛髪や爪の発育阻害が起こります。

過剰摂取した場合

過剰に摂取した場合については、特に報告はありませんが、サプリメントなどで過剰摂取した場合は、眩暈、嘔吐、血中葉酸濃度の低下、動脈硬化などの症状が起きる可能性があります。
データ 
元素記号S
推奨摂取量-
不足した場合皮膚炎、しみ、毛髪や爪の発育阻害が起こる。
上限摂取量-
過剰摂取した場合めまい、嘔吐、血中葉酸濃度低下、動脈硬化などの症状などが起きる。
多く含まれる食品大豆、ニンニク、タマネギ、葱、ニラ、アスパラガス、卵、鶏肉、牛肉、豚肉、
エビ、鱈、大根、小麦粉、
おすすめの料理レシピ大根の煮物、エビフライ、ニラ玉、肉ニラ炒め、アスパラのベーコン巻、