効果・効能

主要ミネラルの効果・効能

ミネラル効果・効能・働き説明・特徴
ナトリウム (Na)■血液や体液の濃度調整
■筋肉や神経の働きを支援
■熱射病の予防
・身体内でのカリウムナトリウムの濃度を調整する為に、ナトリウムポンプの作用により、
体液の濃度を保つ働きがある。
カリウムと結合して筋肉の収縮を安定的に行ったり、また神経の伝達にも関与しています。
カルシウム(Ca)■骨粗鬆症の予防と改善
■高血圧・動脈硬化の予防
・血中や神経、筋肉にも存在し、脳の働きなどをスムーズに行う働きもあります。
これを機能カルシウムと呼びますが、不足すると骨粗鬆症を引き起こします。
・カルシウム不足は、血中細胞内にカルシウムが蓄積する「カルシウムパラドックス」が起こります。
蓄積したカルシウムが、また、動脈硬化を起こす可能性があります。
カリウム(K)■高血圧の予防
■便秘の改善
■むくみの改善
・カリウムは余分なナトリウムを排出する役割があり、ナトリウムは高血圧を引き起こす恐れがある為、
カリウムが血中濃度を調整する役割を果たしています。
・多くの酵素を活性化する働きもあり、間接的に腸内の筋肉を促進し、便秘改善を促します。
・腎臓内の老廃物を排出し、むくみを防いでくれる働きもあります。
リン(P)■骨や歯を強化する
■代謝促進によるダイエット効果
・身体内でカルシウムやマグネシウムと結合して骨や歯を構成する為の役割をに担います。
・ビタミンB1と結合して補酵素となり、糖質を代謝する働きがあります。
また、ビタミンB2とも結合し、脂質を代謝する補酵素にもなります。
マグネシウム(Mg)■生活習慣病の予防
■糖質の代謝促進効果
■骨や筋肉の形成支援
・血圧・中性脂肪・血糖値を下げ、血液循環を円滑にして、生活習慣病を予防します。
・代謝に関する酵素の活性化を促進する作用や、糖を代謝してエネルギーに変えます。
・カルシウムと協力して、骨形成や、筋肉の収縮に必要な調整役としての働きがあります。
塩素(CI)■血液のPHバランスを保つ・血液や体液中の酸性とアルカリ性のバランスを調整する働きがあり、血液濃度をコントロールします。
・胃の細菌を殺す働きがあり、胃の調子を整える効果があります。
硫黄(S)■毛髪や肌の健康促進
■代謝によるダイエット効果
・毛髪や爪、皮膚を構成する成分であるケラチンに含まれており、摂取する事で、
髪に艶を与え、皮膚を丈夫にし、健康に保ちます。
・ビタミンB1やパントテン酸と結合して補酵素となり、糖や脂質の代謝を促進します。

微量ミネラルの効果・効能

ミネラル効果・効能説明
クロム (Cr)■糖尿病を予防
■動脈硬化・高血圧を予防
■代謝によるダイエット効果
・糖質をエネルギーに変えて血糖値を下げる働きがあり、代謝を促進します。
・脂質やたんぱく質、コレステロールの代謝を促進し、動脈硬化や高血圧などの原因を抑制します。
また、ダイエット効果が高いと注目されており、運動効果を高める働きがあります。
マンガン (Mn)■骨形成の促進作用
■代謝によるダイエット効果
・カルシウムやリンと同様に体内の骨形成に必要な成分です。骨の石灰化を促進し、
骨を正常に形成する役割を果たしています。
・糖質や脂質の代謝を促進し、エネルギー生成に関与しているので、ダイエットにはかかせません。
鉄分 (Fe)■貧血の予防
■新陳代謝による美肌効果
・赤血球のヘモグロビンの主成分で、不足すると赤血球の生成が行われず、貧血を起こします。
・老廃物である二酸化炭素を取り除くと共に、酸素を全身の細胞へ届ける事で、
細胞の新陳代謝が行われ、新しい細胞の生成を促進しています。
 (Cu)■鉄と結合して貧血予防
■酵素による美容効果
・赤血球のヘモグロビン生成に必要な成分です。鉄分と一緒に摂取することで貧血予防になります。
・コラーゲンやエラスチンなど多くの酵素生成に必要な成分です。
肌を紫外線から守るメラニン色素の生成に必要なチロシナーゼという酵素合成にも関与している、
美容効果の高い成分です。
亜鉛 (Zn)■味覚を正常に保つ
■成長促進
■生殖機能の維持・改善
・人間の舌の表面には味蕾(みらい)という細胞があり、味覚を正常に保つ働きがあります。
味蕾は成人以降加齢とともに減少しますが、
亜鉛には味蕾を作る働きがあり、味覚を正常に保ってくれています。
・細胞の新陳代謝を促進し、細胞の生まれ変わりや成長に必要な成分です。
そのため身長を伸ばし、発育を促す成分とも言われています。
また髪の抜け毛を予防するなど頭皮や頭髪を構成するたんぱく質の合成も支援しています。
・女性ホルモンの分泌を促進し、精子の形成にも必要な成分です。
そのため生殖機能を改善する効果があります。
セレン (Se)■抗酸化による老化防止
■ガン予防
・抗酸化酵素の合成に必要な成分であり、
細胞の生まれ変わりと共に老化や動脈硬化を抑制する効果があります。
・多くの疫学調査により、体内のセレンが不足しがちの方は
様々な部位でのガンの発生率や死亡率が高いことが確認されています。
モリブデン (Mo)■貧血予防・血液の生成に必要な鉄が不足すると、鉄の利用効率を上げて血液を作る助けをする働きがあります。
またの排泄を助ける働きもあり、貧血を予防する働きがあります。
ヨウ素 (I)■代謝によるダイエット効果
■成長促進
・甲状腺ホルモンの生成に必要で、甲状腺ホルモンは基礎代謝を高めます。
・悪玉コレステロール値を下げたり、脂肪燃焼を促進する効果があるので、ダイエットにも期待できます。
・糖質、脂質やたんぱく質の代謝を促進する効果があり、
皮膚や爪や髪の生まれ変わりを促します。
そのため成長期の子供には必要不可欠な成分です。
コバルト (Co)■貧血予防
■集中力の向上
・ビタミンB12との働きにより赤血球や、ヘモグロビン生成に必要です。
貧血を予防する働きがあります。
・ビタミンB12が神経を正常に働かせることをサポートしてくれます。
神経が正常に働くことで記憶力が向上したり集中力を高める効果があります。
バナジウム (V)■糖尿病を予防
■代謝の促進
・血糖値を下げる働きをする為、糖尿病治療に有効と考えられ、多くの研究がおこなわれています。
・有害な毒素や老廃物を排出する働きもあり、コレステロール値を下げる、
血圧を下げるなどの効果も期待されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする