主要ミネラル

主要ミネラルの種類と生理作用
主要ミネラルの種類と生理作用

主なミネラルの種類と生理作用

主要ミネラル」には、骨や歯の健康維持などに欠かせない「カルシウム」や、血液の循環を正常に保つのに欠かせない「マグネシウム」などがあります。 7種類ある主要ミネラルのうち、5種類に食事摂取基準が定められています。
主な主要ミネラル   
種類主な生理作用推奨量(または目安量・目標量)を食品で摂った場合の目安
カルシウム■骨の歯の形成
■細胞内の情報伝達
(神経機能の調節、筋肉の収縮作用)
■生乳
コップ約4.7杯(573ml)
■ワカサギ生
約4.8尾(144g)
■菜の花(生・葉)
約1束(224g)
リン■骨や歯の形成
リン脂質、核酸、ATPの成分
■プロセスチーズ
約6.9個(137g)
■マイワシ
約5.8尾(175g)
■空豆(全粒、乾)
小鉢約4.5杯(227g)
カリウム■細胞の浸透圧の調節
■細胞内の酵素反応をサポート
■ほうれん草(生・葉)
2束(360g)
■おぼろこんぶ
52g
■アボカド(生)
約2.3個(347g)
ナトリウム■体液の浸透圧の維持■マイワシ
約1尾の75%(40g)未満
梅干し(塩漬)
小梅2.3個(7g)未満
■からし明太子
約0.5個(27g)未満
マグネシウム■骨や歯の形成
■多くの体内酵素の正常な働きを助ける
■血液循環を正常に保つ
■油揚げ
約3.6枚(285g)
■カシューナッツ(フライ 味付け)
約107粒(154g)
■乾燥わかめ(素戻し)
小鉢約10杯(22g)
※データ出典 食品標準成分表 最新版〈2012〉(社団法人全国調理師養成施設協会) 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版